様々な文化のかけ橋となるサイトを目指しています
記事詳細
  • HOME »
  • 記事詳細 »
  • 白鳥正夫

タグ : 白鳥正夫の寄稿文

独自の道を開拓した3作家の個展

ジャンルやテーマがさまざま、文化財や名品など多彩な展覧会模様だが、独創的な作家の個展も魅力にあふれている。今回は関西で開催中の3人の作家を取り上げる。分野が異なるが、長年かけてそれぞれの道を開拓した個性派で、いかんなく才 …

11

「19世紀末ウィーン」をテーマに革新的な芸術

新元号の「令和」に移行したこの時期、新しい時代への幕開けを告げた「19世紀末ウィーン」をテーマにした展覧会が、東京の3美術館で同時期に開催中だ。先駆的な巨匠の没後100年を記念する「クリムト展 ウィーンと日本 1900」 …

19

国宝・重文ずらり、仏教文化の華2展

信仰の対象とはいえ、仏像は造形的な魅力にあふれている。仏画や経典、寺社に伝わる絵巻物や屛風は、由緒を知るほどに歴史的な価値がある。総じて仏教美術は、いかに古色蒼然としていても、西洋絵画や彫刻とは異なる厳かな美が存在し、知 …

1

写実性と豊かな想像力、近世絵画の流れ2展

近年、江戸絵画が脚光を浴び、次々と展覧会が開かれるようになった。西洋では19世紀中頃の万国博覧会へ出品などをきっかけに、浮世絵など日本美術が注目され、1870年代以降、フランス美術界を中心に「ジャポニスム」の影響を及ぼし …

上田公長《芭蕉涅槃図》(1804-50年、大阪市立美術館蔵)

世界に三碗、国宝の《曜変天目》が三館で同時期展示

際限なく多様に展開される展覧会は、巡回展もあるが、それぞれの美術館が開催趣旨を踏まえ、魅力的な展示内容を盛り込んでいる。今回取り上げる三つの展覧会は、タイトルも趣旨も異なるが、世界に三碗しかないという国宝の《曜変天目》を …

担当:清水・三本・田澤

中国文化の粋と、日本独自の文化を紹介する展覧会

平成から元号が移行する今年度は、日中平和友好条約の締結から40周年にあたる。時代の節目に、中国文化の粋と、日本独自の文化を紹介する展覧会が各地で催されている。京都国立博物館では「中国近代絵画の巨匠 斉白石」が3月17日ま …

c-6

超絶技巧の迫真性を二つの展覧会に見る

「超絶」とは、広辞苑によると、他よりとびぬけてすぐれること、とある。そうした形容詞を冠した二つの展覧会を取り上げる。「吉村芳生の世界展~超絶技巧を超えて~」が、東京ステーションギャラリーで新年1月20日まで開かれている。 …

《365日の自画像 1981.7.24-1982.7.23》(1981-90、山口県立美術館蔵)

ルーヴル美術館所蔵の2展覧会に注目

花の都にとどまらない。ファッションの、グルメの、革命の……、など様々な形容で多くの人の感興をそそるパリ。前回紹介したムンクや藤田嗣治ら画家たちの聖地であり、一にも二にも芸術の都なのだ。この四半世紀アートに関わってきた私に …

13《美しきナーニ》2

ムンクとフジタ、名画集結の大回顧展

またまた20世紀初頭を代表する巨匠、エドヴァルト・ムンク(1863-1944)と藤田嗣治(1886-1968)の名画に出合えた。ともに軍医の父の元に生まれ、パリで学び、80歳と81歳の生涯を全うし、輝かしい画業を遺した。 …

05《叫び》2

江戸の知られざる人や作品の魅力

美術作品との出合いは、人との出会いのような感懐がある。親しい人とのくつろぎがあれば、何年ぶりかの再会を懐かしみ、初めて会った人に心惹かれることもある。美術作品もまさに同じような思いを抱かせる。作品や、その名さえ知らなかっ …

01-華山《蝦蟇仙人図》部分
Page 1 / 712»
PAGETOP
Copyright © ADC文化通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.