No.11 感動よぶ「キジル千仏洞」壁画 あまたの方々に合掌

キジル千仏洞や天山氷河・カレーズ・農業用井戸掘削、そして新疆の庶民生活などの番組「天山を往く~氷河の恵み シルクロード物語~」は好評だったようで「BSフジへ再放送の要請がきている」と永野浩史プロデューサーからFAX到着。また友人諸氏から「キジルの壁画があれほど素晴らしいとは。小島さんが保存に取り組まれた理由がよく分かった。写真でじっくり見てみたい」などと来電や来信。嬉しいことです。

 

そこで、このWebで掲載していない壁画などの写真を数点紹介します。当然ながら新疆ウイグル自治区文物局の許可を得ての撮影です。

 

第38窟 主室窟頂 天象図・本生図・因縁図(撮影:筆者)

第38窟 主室窟頂 天象図・本生図・因縁図(撮影:筆者)

 

第38窟 主室左壁上部 伎芸天(撮影:筆者)

第38窟 主室左壁上部 伎芸天(撮影:筆者)

 

第205窟 主室窟頂左 剥ぎ取り「努力」傷跡も痛々しい(撮影:楊新才氏)

第205窟 主室窟頂左 剥ぎ取り「努力」傷跡も痛々しい(撮影:楊新才氏)

 

第188窟 主室正壁・側壁 仏立像(撮影:筆者)

第188窟 主室正壁・側壁 仏立像(撮影:筆者)

 

第8窟 主室窟頂 中軸帯には風神・立仏・双頭金翅鳥など(撮影:筆者)

第8窟 主室窟頂 中軸帯には風神・立仏・双頭金翅鳥など(撮影:筆者)

 

第8窟 修復工事(撮影:筆者)

第8窟 修復工事(撮影:筆者)

 

修復なったキジル千仏洞谷西区と鳩摩羅什三蔵像(撮影:筆者)

修復なったキジル千仏洞谷西区と鳩摩羅什三蔵像(撮影:筆者)

 

初参観時、美しい壁画とともに、仏像も無くなった石窟や一部分が崩れ落ち直射日光を浴びながらも残る壁画が筆者に語りかけてきました。

 

第38窟の主室正龕と谷内区の一角(撮影:筆者)

第38窟の主室正龕と谷内区の一角(撮影:筆者)

 

「人類共通の文化遺産」と直感、このままでは消えてしまう、なんとか修復保存をしなくてはと、筆者を動かしたエナジー。あまたの人々の熱い思いが迫ってきました。日中が協力して大規模修復保存工事を始めました。そして20数年の時をへて「世界文化遺産」。あまたの方々の尽力に深謝するばかりです。

 

私事ですが、帯状疱疹のすさまじい痛みで夜も眠れぬここ一週間。妻が数年前にかかり、「激痛!」と度々。その時は「オーバーなことを」と内心思っていました。自分が発症して、その痛さが分かりました。修復保存協力から世界遺産登録まで立会えた喜びを激痛ととも実感しつつ書いています。ありがとうすべてのすべてありがとう。

 


バナー