本日05/08現在、日本での新型コロナ感染症は「感染爆発」には至っていません。5月31日まで延長された「緊急事態宣言」。再延長がないと良いですね。月末またずに解除されたら更に良いですね。一部の県の先行解除も検討されているようです。(注:05/14に39県が先行解除された。東京など8都道府県は21日再判断へ)

 

全国に拡大発令された際の各知事の反応は様々。その時点で感染確認ゼロの岩手県知事「我が意を得たり」、秋田県知事「県民に呼びかけやすくなる」、京都府知事「先行7都府県を踏まえ措置講じたい」、岡山県知事「指定を受けること想定せず」、鳥取県知事「正直驚いている」、佐賀県知事「最大のピンチだが最後のチャンス」、熊本県知事「経済へのインパクトとても大きい」など(NHK電子版04/16)。

また日経新聞電子版04/16は愛媛県知事発言「朝令暮改という言葉が浮かぶ。慌てて変えるのはどうかと思う」につづき「国の対応を暗に批判」と報じている。下向いて原稿読み発表が多い中で、正面見て自分の言葉で説得力ある会見は大阪府知事。税金投じたCMに自ら出て、近づく選挙目当てでは?と報じられているのが東京都知事。

 

外出自粛で灯り煌々タワマンと車ゼロ道路、連休中の品川駅近く19時40分(撮影:筆者)

外出自粛で灯り煌々タワマンと車ゼロ道路、連休中の品川駅近く19時40分(撮影:筆者)

 

国際協力を実践してきて「国家の存続と繁栄が国民を支えている」と実感している私が注目するのは、奈良県知事の「日本の緊急事態宣言はイタリアやニューヨークと全く違い、移動制限があるわけではない。どういう意味があるのかと思う」(NHK電子版04/16)。

 

特措法は「封鎖」も「罰則」もなく、「要請」「指示」どまり。「外出自粛要旨」「休業要請」に応じず、家族づれで観光地へ出かける人たち、イベント開催する団体、店名公表されても営業続けるパチンコ店……。「緩やかな日本型」戦略は世界から注目されています。

 

日本の憲法には「国家緊急権」の規定はありません。今後も起こりうる疫病大流行・巨大災害・戦争・大規模テロ・世界恐慌などの国家的緊急事態に備えて「憲法改正」を! 憲法の三大原則「国民主権・基本的人権の尊重・平和主義」を守るためには、「緊急時私権一定制限」もやむなしでは? 憲法は改正せず、新たな法律で対応との意見もあるようですが、今こそ憲法改正を切望する一人です。「何でも反対党」の方々に申し上げれば、「憲法改悪」には反対ですが、「憲法改正」には賛成です。憲法審査会は中断したまま、いかなる立場でも論議するのが議員の責任なのに!

今こそ、義・勇・仁・礼・誠

諸外国のように「封鎖」も「罰則」もなく、「要請」「指示」どまりの「緊急事態宣言」でも、何とか持ちこたえているのは? 安倍首相会見でイタリア人記者が「一か八かの賭けだと思うが、失敗したら責任を取るのか?」と質問するほど「緩やかな日本型」でも、何とか持ちこたえているのは? 何故でしょう。日本人の「根底DNA」に武士道精神「義・勇・仁・礼・誠」がまだ残っているからと、私は捉えています。

 

小僧楽書

小僧楽書

 

義=卑怯や不正を憎む正義。勇=正しい行いをする勇気。仁=誰にでも慈愛。礼=他に敬意を払う礼儀。誠=常に誠実。「武士道なんて古い事を持ち出すな。そんなもの知らない」とおっしゃる方もおられよう。しかし、しかし「義・勇・仁・礼・誠」を上記のように言い直せば、納得されるのでは?

 

外出禁止でなく外出要請で各地がガラガラになるのは、接触8割削減要請で皆が工夫するのは、休業要請で一時休業するのは……とりもなおさず、私たちに日本伝統精神「卑怯や不正を憎む正義、正しい行いをする勇気、誰にでも慈愛、他に敬意を払う礼儀、常に誠実」が、「根底DNA」として残っているからと思います。

 

残っていない方もおられます。品切れマスクを高値転売したり、デマを流したり、騙したり、営業を続けたり、観光地へ出かけたり、批判専門だったり、差別したり偏見を持ったり……。残念なことですが、それらも受け入れる寛容さも日本人の良いところ。

 

今こそ、義・勇・仁・礼・誠を実行し、更に広めたいですね。ちなみに20ヵ国語ほどに翻訳された新渡戸稲造『武士道』は小僧の愛読書、何回も読みました。新型コロナ早期収束を願い阿弥陀仏へ祈り続ける小僧です。ほんわかほんわか。(以上05/08記)