No.24 言葉の違いを乗り越えて

実践してきた国際協力ではその度ごとに交渉し、重要な活動では協議書を交わしてきました。その場合に問題となるのは言葉の意味です。間違った理解での契約では後に問題が生じます。

 

しかし日本と中国では言語が異なります。同じような漢字でも意味が異なる場合もあります。例えば、日本語の手紙は中国語ではトイレットペーパー、同様に汽車は自動車、花子は乞食、百姓は人民、老婆は妻、猪は豚、便宜は安価…と異なります。中国語の愛人は配偶者を指しますが日本語では「愛人」です。慎重の上にも慎重をきしました。中国に限らず外国人との意思疎通では皆さん苦労されていますね。

 

外国とでなくて、国内でも同じような例があります。「神宮大麻」ってご存知ですか。伊勢神宮のお札のことです。畏友・柴原薫氏(南木曾木材産業社長)の計らいで、今年10月、神嘗祭に参列させていただいた際、三重県神社庁の原宮司より詳しく説明を受けました。

 

神社本庁編『むすび』に「神宮大麻の由来」として「皇室の御先祖である天照大御神をおまつりする伊勢神宮は、日本人の心のふるさととして、いつの時代にも人々の崇敬が寄せられてきました。その神宮のお神札である『神宮大麻』にどんな歴史があるのでしょうか」、に続きいわれや歴史などが記載されていました。

 

大麻と聞くとマリファナを連想し、芸能人らの逮捕の場面が浮かび、伊勢神宮のお札「神宮大麻」には結びつきませんね。神社でお祓いに使う白い紙の祭具も大麻(オオヌサ)と言うそうです。神社のお札とマリファナでは大違いですね。

 

麻には抗菌作用があり、昔は手術の傷口は麻糸で縫っていたとか。今でも赤ちゃんの産着の模様は「麻の葉」が定番のようです。同じ「大麻」でも意味が異なるのですね。良い勉強をさせていただきました。

 

神嘗祭の前に内宮正宮参拝(撮影:筆者)

神嘗祭の前に内宮正宮参拝(撮影:筆者)

 

神嘗祭は伊勢神宮の1500を数える祭事でも、最も重きを置かれているそうです。300人が降りしきる豪雨、漆黒の闇の中、内宮の参道で直立し待つこと30分、黒田清子祭主(天皇皇后両陛下長女)や神官がしずしずと到着、神事が行われ、そして正宮へ。一行に従って正宮へ向かう頃はずぶ濡れでした。参拝時は中まで入れて頂きましたが、神事は外から拝するだけ。闇と雨で、何が行われているかはよく分かりませんでしたが、新米などを捧げ、豊作や国民の平安を祈願する儀式が厳かに行われました。ありがたい体験でした。なお、柴原薫氏からの便りでは、次の遷宮(2033)に向けて、10月末に「御用材伐採斧入式」が長野県上松町の国有林で行われたそうです。壮大な話ですね。

 

言葉つながりでは「オンデマンド」も知りませんでした。NHK「シルクロード・壁画の道をゆく」が好評で沢山の方から便りをいただきました。その一通に「オンデマンドで拝見。長年の尽力に感動。ラピスラズリの青が素晴らしい。仏教美術が日本へ伝わった流れがよくわかった」とあり、オンデマンドって何と知人に訊ねました。ガラケーも持っていない化石人間には困ったものです。

 

さて、私の中国語レベルは宴会水準ですので、重要な場面では通訳を介するなどして、言葉の違いを乗り越え、国際貢献をヨチヨチ続けてきました。来月も奨学金の授与などで新疆です。

人生100年時代-今ここ自分

しばらく前ですが読売新聞が首相官邸で開かれた「人生100年時代構想会議」(議長・安倍首相)を報じていました。ロンドンビジネススクールの教授が「長寿化にともなう新たな人生のあり方として、従来の教育・仕事・引退という三つのステージを経る単線型からマルチステージ(複線型)の人生を送るようになる」と提言したそうです。

 

私はこの複線型人生を送ってきました。企業経営をしながら、シルクロードで世界的文化遺産の保護研究活動を展開し、各種国際貢献を実践し、また僧侶となり自己と対峙、「二足の草鞋、あぶはち取らず」的生き方をしてきました。良く言えば多面体という意味で「ダイヤモンド的人生」です。ほんわかほんわか。

 

そんな方はあまりおられないので、変人と言われながらもヨチヨチやってきました。起業した会社を上場企業に育てあげ、保存に協力したキジル千仏洞は世界文化遺産となり、給付型奨学金や博物館建設、自己を求めて念仏行脚日本縦断、といった具合です。大したことではありませんが、マルチステージであることに違いありません。

 

多くの皆様のおかげです。ありがたいことです。興味おありの方は『ありがとう人生燃えつき店じまい』(東方出版)を笑覧くださいませ。アマゾンでは定価の約十分の一300円!! 嗚呼!! ほんわかほんわか。

 

小僧落書き、背景の像はキジル千仏洞の羅什さん(撮影:筆者)

小僧落書き、背景の像はキジル千仏洞の羅什さん(撮影:筆者)

 

我が300円人生で、心がけてきたのは「今ここ自分」です。存在するのは今、存在するのはここ、存在するのは自分。今をしっかり生きたい。ここでしっかり生きたい。自分がしっかり生きたい。明日や彼方、他人に求めるのでなく、「今ここ自分」こそが我が300円人生。仏教の教えでもあります。

 

教授は「先進国で長寿化が進み、日本では2007年生まれの半数は107歳まで生きると予測している」そうです。スゴイ!ビックリ!するような話ですね。ほんわかほんわか。