新型コロナ収束せず、窮屈な日々が続いている。昨年末「大波乱の予感2020年…」(ほんわか79)10項目中の「大流星群飛来?」は外れたが、まさか世界中を萎縮させ、交流を断絶し、対立を煽るような感染症が大流行するとは! 疫病といえば「サーズ」の記憶も新しい。まだ18年前のこと、忘れられていない。東日本大震災も忘れられていない。御嶽山噴火・熊本地震・西日本豪雨・北海道地震・千葉豪雨・九州豪雨…はついこの前だ。

 

東日本大震災を報じる読売・朝日・産経・日本経済・夕刊フジ各紙

東日本大震災を報じる読売・朝日・産経・日本経済・夕刊フジ各紙

岩手日報・河北新報・福島民報・福島民友が大震災1年目に発行した「大震災翌日紙面」特別号

岩手日報・河北新報・福島民報・福島民友が大震災1年目に発行した「大震災翌日紙面」特別号

 

終活の一環で書庫も整理中。9年前の東日本大震災を報じる新聞も出てきた。東北ミニボラ通いの日々を思い出す。「天災は忘れた頃にやってくる」と言われているが、「天災と戦争は忘れない頃にやってくる」では?

 

三浦半島や横浜での度々の「異臭」は火山活動と関係があるのではとも言われている。南海トラフ大地震や富士山噴火もありえる。「戦争?」と問われそうだが、アメリカ大統領選の混乱は米軍弱体化に繋がり、南シナ海・東シナ海・朝鮮半島・中央アジア・中東などで有事が心配だ。落選し不正と訴えた裁判も次々と敗訴、追い詰められたトランプ大統領「電撃台湾・北朝鮮訪問検討」などとの情報もある。乱暴大統領ならやりかねない。各国政府・各軍は警戒レベルを密かに引き上げていることだろう。

 

コロナに負けず希望の船出 東京国際クルーズターミナル第一船

 

コロナ禍で約2ヵ月遅れて9月にオープンするも運行できなかった東京国際クルーズターミナル。待望の第一船「にっぽん丸」が12月4日、夕やみ迫る16時30分、希望の船出。PCR検査を済ませた約180人を乗せ、ワンナイトクルーズ。当分は日本国籍船による国内航路のみ。来年には国際クルーズも始まるだろう。

 

品川コンテナ基地ごしに2㎞先の東京国際クルーズターミナルから出航するにっぽん丸を撮影(筆者)

品川コンテナ基地ごしに2㎞先の東京国際クルーズターミナルから出航するにっぽん丸を撮影(筆者)

 

新型コロナは世界で猛威を振るっているが、日本の対策は成功している部類。死亡率も高くない。コロナ対策と社会経済活動を並行し、病気の一種と、前向きに「共生」するのみ。ワクチン投与も間もなく始まる。皆で助け合い、希望の2021年へ船出しよう! ※東京国際クルーズターミナルとにっぽん丸については「ほんわか100」ご参照。

大吉も楽し 大凶もまた

ネットで「小島康誉 画像」と検索したら、多数の中に「康誉」があり、開くと「無料の姓名判断namedic.jp」。指示に従い、「小島」を入れると、図のように大吉オンパレード。

 

namedic.jpには「ご自由にお使いください」と

namedic.jpには「ご自由にお使いください」と

 

この手のことを信じるわけでも、興味があるわけでもないが、楽しさ「探して」、今を「楽しむ」小僧です。皆々様のおかげで、企業経営・仏道・国際協力・・・と幸せいっぱい「大吉」人生。もっとも戸籍は「誉」でなく「譽」だから画数が異なる。大凶かもしれない。それまた楽しい。嗚呼ほんわかほんわか。(12/05記)