様々な文化のかけ橋となるサイトを目指しています
記事詳細
  • HOME »
  • 記事詳細 »
  • ジャーナリスト

ジャーナリストの寄稿文

時空を超えた文化遺産と「大英博」訪問記 〜 「大英博物館展―100のモノが語る世界の歴史」に寄せて

世界最古にして最大の博物館の一つで、古今東西の文化財約700万点を超える所蔵品を誇る大英博物館。そのコレクションから100の「モノ」を選び、200万年前から現代に至る人類の歴史を読み解こうという試みの企画展「大英博物館展 …

世界からの観光客でにぎわう大英博物館
2011年4月、筆者写す

神秘と謎に満ちた古代エジプトを再訪〜「クレオパトラとエジプトの王妃展」に寄せて

7000年前、世界最初の文明を拓いた古代エジプト。その長く古い歴史の中にあって、約3000年間もファラオと呼ばれる王が支配し、ピラミッド、ミイラ、死者の書、そしてロゼッタ・ストーンなど謎と奇跡の文化を築いてきた。その王朝 …

頭頂部に建造時の表層板の残るカフラー王のピラミッド

備前の森陶岳さん、85メートル登り窯から窯出し

全長85メートル、幅6メートル、高さ3メートルもの巨大登り窯を築き、前人未到の壮大なプロジェクトに取り組んでいた備前焼の岡山県重要無形文化財保持者・森陶岳さんの「寒風(さぶかぜ)新大窯」での窯出しが続けられている。10月 …

窯出し作品を手にする森陶岳さん

壮大な挑戦、進化し続ける蔡國強芸術

爆破した火薬の痕跡で描いた幅24メートル、高さ8メートルもの「夜桜」や、鮮やかな色彩表現を加えた4点組の火薬絵画「人生四季」。さらには40メートル以上の長さのある展示室いっぱいに99匹のオオカミが透明なガラスの壁に向かっ …

完成した「夜桜」 Photo by KAMIYAMA Yosuke

戦時体験を版画や彫刻で表現し戦争を告発 今夏、熊本で「浜田知明のすべて展」

自らの戦時体験を彫刻や版画作品に投影し続ける老作家がいる。熊本市在住の浜田知明さんだ。今年98歳を迎える現在も創作意欲は衰えていない。戦後70年の節目の今年、熊本県立美術館では8月1日から9月13日まで特別展「浜田知明の …

11「便所の伝説」

仏教の流れを説き、魅力を伝える三企画展

泰西名画の展覧会が盛況の一方で、地味ながら日本の仏教文化を地道に紹介する展覧会が企画されていることに注目したい。仏像は信仰の対象とはいえ、その姿は美しく、仏教に関する仏画、経典や典籍なども美術的に優れている。寺社で拝観す …

「木造 玄奘三蔵坐像」(鎌倉時代、奈良・薬師寺蔵)
Page 4 / 4«34
PAGETOP
Copyright © ADC文化通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.